札幌や小樽の情報をJET配信!

札幌PR-JET

コトを語る 演劇

AM8:17という武器 "Habit saves me."

投稿日:

札幌円山に引越してきてからもう半月になる。というか、結局更新を続けられないでいるのだけれど、ここで習慣の話をしたいと思う。ブログも習慣のひとつにすることで更新できるはず、なのである。そう、これは早速差し込まれた言い訳のエントリーになるわけなのである。

ハビットセイブミー

ここで言いたいこと、それは拙い英語で単語を並べるとすれば "Habit saves me." といったところだろうか。個人的にだが、習慣は人を救うことができる。少なくとも、救われている。その話をしたい。

これは語弊があるかもしれないが、恋人や携帯電話よりも身近にいて、こんなに救われている(恋人にも救われている)もののひとつは、【習慣】に他ならない、と思う。その流れで思わずWikipediaで【習慣】を引いてみると、素敵な言葉があったのでメモ。下記の文章はWikipediaからの引用である。

習慣(しゅうかん、英: habit)とは、日常的に繰り返される行いのことであり、その土地の文化にも影響する。
その人の習慣は、後天的な行動様式であり、反復して行われることで固定化される。身体的な振る舞いの他に、考え方など精神的、心理的な傾向をも含む。

人間の最大の武器

「人間の最大の武器は信頼と習慣だ。」個人的に好きな小説のなかにでてくる言葉が、ある。理由を書きたいので、小説のタイトルは最後に挙げることにしよう。シチュエーションはこんなシーン。路地の一角まで警察に追いつめられる主人公が、火事場の糞力よろしく思い出すのが「同僚の習慣」だった。その同僚は必ず、同じ時間に、同じルートを、同じ配分で回ってくるのだ。これにより、同僚の習慣を信頼した主人公は、窮地を脱することになる。同僚の習慣を知っていること、信頼すること、それがこの窮地を救ったのだ。

この「最大の武器」という表現はとても意味深いと感じる。例えば前の日に酔いつぶれてしまい、胃もぐったり、睡眠不足で、体内時計が狂っていたとしても、必ず AM 8:17 に目が覚める、といったことだ。一度ついた習慣により、目ざまし時計をぼんやり停止し、二度寝に入ってしまっても、AM 8:17に身体が起きる。

これは私の武器の話だった。… 濁す必要はなかった。AM8:17に目が覚めるのは、私の体内に根付いた武器である。

AM8:17という武器

習慣を育てる。

となると、たとえばキャリアアップや子育て、貯金のように、自分の習慣も育てていく楽しみが生まれるのではないだろうか。いつにも増してくだらないアイデアなので思わずここに記したというわけだ。

こういうプラスの習慣を育てるためのアプリ、なんかもあると面白いかもしれない。毎朝私も習慣に救われているのだから。

参考リンク・注釈

アクセスランキング

空き家の売却相談の窓口サービスの紹介「札幌の特定空き家対策に」 1
空き家の売却相談の窓口サービスの紹介「札幌の特定空き家対策に」

生活応援エコスタイル(本社:札幌中央区)は、運営するウェブサイト上で「札幌空き家・倒壊物件売却相談」のサービスの案内をこの2015年・夏にスタートした。(今すぐ空き家の売却相談をする:代表番号 011 ...

-コトを語る, 演劇

Copyright© 札幌PR-JET , 2021 AllRights Reserved.